紫外線予防は様々な肌トラブルを避けられる

紫外線予防は様々な肌トラブルを避けられる

シミを作りたくない!美白を徹底したい!!

 

そんな人が一番やらなければいけないことと言えば、紫外線対策でしょう。

 

シミの原因は紫外線にあります。
紫外線対策をすることでシミのない、白く美しい肌を維持することができるのです。

 

まず大切なのが、やはり日焼け止めでしょう。
日焼け止めを正しく使うことで、紫外線対策を行うことができます。

 

日焼け止めは、ただ適当に塗っていても十分な紫外線対策効果を実感することはできないでしょう。

 

正しい使用量を守り、小まめに塗りなおすようにしてください。

 

実は日焼け止めの効果は2,3時間程度だといわれています。
そのため、定期的に塗り直さなければ紫外線対策効果を得ることはできないのです。

 

顔は、メイクをしているので日焼け止めの塗り直しをすることは難しいでしょう。

 

そんな時には、日焼け止め効果のあるパウダーを使ったり、スプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

 

特にスプレータイプの日焼け止めは髪の毛にも使うことができますし、全身の塗り直しを簡単に行うことができます。

 

スプレーなので密着して十分な日焼け止め効果を実感する事は難しいですが、塗り直しには使い勝手が良いでしょう。

 

日焼け止めは本当にさまざまな種類が販売されています。
強い日焼け止めだと十分な紫外線対策効果を得られるのでは?と思われがちですが、強い日焼け止めはそれだけ肌へも負担が掛かってしまうでしょう。

 

PAやSPFはその日の紫外線量や外出する時間帯、場所によって選ぶようにして下さい。

 

たとえば、日常生活の買い物や散歩程度なら弱い日焼け止めでも十分でしょう。

 

しかしスポーツやレジャー等外を出歩く活動の時には少し強めの日焼け止めが必要です。

 

炎天下のレジャーや海に行く等の時には一番強い日焼け止めをつかうと良いのではないでしょうか。

 

 

日焼け止めの正し塗り方とは?

 

顔に塗る場合は、パール1粒分程度が目安だといわれています。

 

化粧下地等と同じ様に、まずは頬や額、顎等部分的に日焼け止めを塗り、そこから指で全体に馴染ませていきましょう。

 

まぶたや小鼻などの忘れがちな部分にもしっかりと塗ってください。

 

首は忘れやすい部分なので、しっかりと広げるようにしましょう。
首は動きやすい部分なので丁寧にしっかりと塗ることをおすすめします。

 

日焼け止めを塗るうえでとても大切なことは、均一にすべてに塗ることです。

 

たとえば首の後ろや髪の毛の生え際、耳の裏等はどうしても塗り残しやすい部分です。

 

そんな状態で屋外に出たら、部分的に日焼けをしてしまうでしょう。

 

しっかりと紫外線対策をしたいのであれば、露出している部分をくまなく塗ることが大切です。

 

 

紫外線対策で一番大切なのは日焼け止めですが、日焼け止め以外でも紫外線対策を行うことも重要です。

 

たとえば日傘。

 

一番簡単にできる紫外線対策方法なのではないでしょうか。

 

ベタつかず、気になったときにさっと使うことができます。

 

日傘にはさまざまな種類があり、値段が高いものはUVカット機能も高いでしょう。

 

デザイン性も兼ね備えているので、ファッションがてら日傘を使う方も多いのではないでしょうか。

 

熱中症対策としてもおすすめです。

 

サングラスも良いでしょう。

 

実は、目元から紫外線が入る場合もあります。
目もとのシミが気になる人は、サングラスでの紫外線対策も良いかも知れませんね。

 

UVカットのカーディガンやパーカーも良いでしょう。

 

UVカット素材を着ていると、やはり普通の服よりもしっかりと紫外線を防いでくれます。

 

日焼け止めで紫外線を防ぐことは大切ですが、やはり物理的にも紫外線を防いだ方がより高い効果を実感することができるのではないでしょうか。

 

 

気になる紫外線吸収剤とは?

 

日焼け止めには「紫外線吸収剤」もしくは「紫外線散乱剤」が配合されています。

 

これは、紫外線をブロックしてくれる原料であり、日焼け止めには欠かせない成分です。

 

紫外線吸収剤は、紫外線のエネルギーを取り込み、科学的に処理することができる日焼け止めの成分のことをいいます。

 

有機物を含む有機化合物が主です。

 

なぜ紫外線吸収剤で紫外線防止効果を得られるのかというと、紫外線吸収剤は取り込んだ紫外線を熱や赤外線に変えて、放出したり一時的に分子構造を変えるために消費する力があるからでしょう。

 

紫外線エネルギーを紫外線吸収剤が使用することで、肌に紫外線の影響を与えずに過ごすことができるのです。

 

紫外線吸収剤が熱を変換したとしても湿度が高くなる訳ではありませんし、もちろん肌への負担もかかりません。

 

紫外線吸収剤は化学変化を起こすことで紫外線予防効果を得ることができます。

 

しかし、時間経過とともに分子が壊されてしまい、十分な化学変化を起こせない状態となってしまうでしょう。

 

そのため、定期的に日焼け止めを塗り直さないと紫外線吸収剤の効果を十分に得ることができなくなってしまうのです。

 

紫外線吸収剤は、日焼け止めにはなくなてはならない成分でしょう。

 

 

シミは予防できる!

 

シミは予防をすることができます。
逆にいうと、全く予防をせずに過ごしているとどんどん新しいシミが出来てしまうでしょう。

 

美しい肌をいつまでも維持するためには、シミ予防は不可欠です。
シミ予防方法は決して難しくないので、日々の生活で心掛けてみましょう。

 

 

シミ予防に置いて一番大切なことといえば、日焼け対策でしょう。

 

シミを作る一番の原因は、紫外線です。
紫外線は夏場だけではなく、冬でも、夕方でも出ています。

 

そのため、一年中日焼け対策を行うようにして下さい。

 

日焼け対策の基本は日焼け止めです。
特に紫外線の強い夏場や日中は、日傘やUVカットの上着、帽子やサングラスなどで対策をして下さい。

 

注意したいのが、日焼け止めの種類です。

 

確かに強い日焼け止めだとしっかりと紫外線対策ができるかもしれませんが、肌への負担が強すぎます。

 

どこに出かけるか、何時間くらい外に出ているのかを考えて、その時に一番適した日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

近所に買い物に行く程度であれば、弱い日焼け止めで十分です。

 

 

紫外線対策も重要ですが、保湿もとても大切です。
保湿をしっかりと行うことで、紫外線などにより生成されたメラニンの過剰生成を抑えることができるでしょう。

 

保湿はシミ改善だけではなく、美肌効果美白効果シミ改善などさまざまな効果をもたらします。

 

毎日のスキンケアで保湿をするだけでも十分効果を実感できるので、保湿をこころがけるようにしましょう。

 

紫外線を浴びたと感じた日は、パックをすることをおすすめします。

 

夏場は特に、知らないうちにたくさんの紫外線を浴びているでしょう。
紫外線の浴びる量が増えれば、それだけシミが出来る可能性が高くなります。

 

パックであれば、普段以上に保湿を行うことができるので、メラニンの生成を抑えてくれるでしょう。

 

 

紫外線は、特に10時から14時が盛んに放出されるといわれています。
そのためこの時間帯には出来るだけ外出しない、外出する場合は紫外線対策を徹底することが大切です。

 

朝方夜型の生活を心掛ければ、決して難しくはありません。

 

 

睡眠も以外に重要です。

 

肌のターンオーバーが乱れていると、肌内部のダメージを修復することができなくなり、シミが出来易い状態になってしまうでしょう

 

夜、できれば12時前には眠るようにして下さい。
新陳代謝が活発になり、多少のシミは改善することができます。

 

 

シミ予防に出来る事はたくさんあるので、出来ることだけで良いので試してみてください。

ピューレパール公式サイト↓