シミや黒ずみの原因メラニン色素の減らし方とは?

シミや黒ずみの原因メラニン色素の減らし方とは?

シミを消す為に一番大切なことは、メラニンの生成を抑えることです。

 

メラニン色素の生成を抑える方法は2つあります。

 

一つ目は、メラニン色素を活性化させる成分を抑えることです。

 

メラニン色素は、チロシナーゼという酵素が活性化することにより生成されます。
そのため、チロシナーゼを阻害することで、メラニン色素を抑えることができるでしょう。

 

二つ目は、メラニン生成に関与する物質を遮断することです。

 

メラニン生成をするには情報伝達物質であるエンドセリンが深く関わっています。

 

エンドセリンを遮断することで、メラニンを作らないようにすることができるでしょう。

 

紫外線の刺激を受けると、エンドセリンはメラニン生成を促します。

 

しかしこのエンドセリンの情報伝達を抑えることで、メラニンを作らずに済むのです。

 

 

これらを実行する為には、さまざまな美容成分が効果的です。

 

シミ改善に良いと言われている成分はたくさんありますが、特にビタミンCやプラセンタエキス、ハイドロキノンやコウジ酸、L−システイン、エラグ酸、ルシノールやトラネキサム酸などは、メラニン色素の生成を抑えると評判の成分です。

 

美白スキンケアに良く含まれている成分なので見たことのある成分も多いでしょう。

 

濃度が高ければ高い程メラニン色素を抑える力は強いですが、高濃度であればある程皮膚に強い刺激を与える可能性があるので注意をしましょう。

 

美白成分ハイドロキノンの強力な漂白効果とは?

 

ハイドロキノンって知っていますか?

 

ハイドロキノンは、肌の漂白剤ともいわれているほど美白効果の高い成分です。

 

ハイドロキノンには、シミやシワの原因だといわれているメラニン色素の働きを抑制する効果があります。
また、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトの数を減らしてくれるでしょう。

 

その効果のお蔭で、高い美白効果を実感することができるでしょう。

 

 

ハイドロキノンは、もともとは医療機関でシミ治療などに使われている薬でした。
しかし、最近はその効果の高さから、美白スキンケアやシミ予防用の商品にも使われるようになったのです。

 

 

ハイドロキノンは確かに高い効果を発揮しますが、他にもメラニン色素を抑制する効果のある成分はたくさんあります。
しかし、細かく見てみると、ハイドロキノンが一番優れているのがわかるでしょう。

 

まず、ビタミンCなどの美白成分はメラニン色素の生成を抑制する力があります。
しかし抑制をするだけなので、既にできたシミに効果を発揮することは難しいでしょう。

 

逆にハイドロキノンは、既に肌の色素に沈着しているメラニン色素を取り除く力があります。
そのため既にできてしまっているシミにも、これから出来そうなシミにも高い効果を発揮します。

 

そのため濃いシミが出来てなかなか改善しない人や、シミを絶対に作りたくない人には高い効果を発揮してくれるという訳です。

 

 

美白に欠かせないビタミンC誘導体の効果

 

ビタミンCは美白には欠かせない成分です。
美白以外にも、肌の免疫力をアップしたりさまざまな効果を実感することができるでしょう。

 

そんなビタミンCを、より効率的に肌に送り込むことができるのが、「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンC誘導体は、1980年代半ば頃から普及しはじめたスキンケア成分です。

 

ビタミンCの抗酸化作用、メラニン還元作用、新陳代謝促進作用や皮脂分泌のコントロール機能、コラーゲン生成促成機能などを、より効果的に実感することができる成分だと話題です。

 

そんなビタミンC誘導体にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴があります。

 

 

リン酸アスコルビルMgマグネシウムは、水溶性のビタミンC誘導体です。

 

減量が粉末等で、美白クリームやローション、パウダーなどによく配合されています。

 

もともと粉状なので、たくさん配合すればそれだけ沈殿が起こりやすくなってしまうというデメリットがあります。

 

酵素により、ビタミンCに転換される効果を持っています。

 

 

リン酸アスコルビン酸ナトリウムは、水溶性の誘導体です。

 

効果は若干低めですが、水溶性タイプなのでリン酸アスコルビルMgマグネシウムよりも高濃度で配合しやすいでしょう。

 

そのため、さまざまなスキンケア商品に使われています。

 

 

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは油溶性です。

 

油分に溶けやすい性質を利用し、クリーム等によく配合されています。

 

 

最後にアスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸です。

 

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸は、進化型ビタミンC誘導体とも呼ばれている、最先端の成分です。

 

浸透力が高く、より高い効果を実感することができるでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体は、とても高い効果を実感することができる成分です。

 

しかし、メリットだけではありません。

 

ビタミンCには、皮脂分泌をコントロールする力があります。

 

肌表面の皮脂量が多くニキビが出来易い人等には、とても良い成分でしょう。

 

けれどももともと乾燥肌の人が使うと、肌表面の皮脂量が低下してしまい、肌が乾燥し、敏感肌になってしまう可能性もあります。

 

そのため、乾燥肌の人にはビタミンC誘導体のスキンケアは強くおすすめをすることはできません。

 

確かに高い美肌効果を持ってはいますが、肌状態や季節を見ながらビタミンC誘導体が配合しているスキンケアを使ってみてください。

 

また、ビタミンC誘導体が配合されたローションを使った後は保湿効果の高い乳液やクリームを使う、など、工夫をしてスキンケアを考えてみてください。

 

ビタミンC誘導体は濃度が高ければそれだけ刺激が強くなるので、敏感肌の人も注意をしながら使うようにしましょう。

 

使用前にパッチテストをすることをおすすめします。

ピューレパール公式サイト↓